第54回日本小児外科学会学術集会 文化講演
「いのちを彫る,いのちを詩う ~造形をとおして生命の喜び,尊さを~」

2017年5月11日(木)11:00~11:50

仙台国際センター会議棟2階 大ホール

 

(日本小児外科学会雑誌Vol. 53 (2017) No. 3 p. 495-496 抄録より)
いのちを彫る,いのちを詩う〜造形をとうして生命の喜び,尊さを
〜 Carve the life, Sing the life〜Joy and respect of the life through the feeling 〜

私達全てのテーマである生命。 身体に問題を抱える子供達,健康な子供達,健康を願いサポートする医療関係の方々,そして健康を祈る父兄の方々。 この度それらの方々が集い,健康,生命という共通のテーマのもと, 「マイ硯」「心の絵巻物」というイベントを通して楽しいひと時を過ごすとともに, それぞれの作品が貴重な生命の一片(かけら)となり,一生の思い出として後世に伝えられるメッセージとなり, かつ健康,生命に対するそれぞれの立場の方々の思いを一同にわかちあうことができるプロジェクトとなることを願います。 また,このプロジェクトが医療という「生命」をつかさどる場でおこなわれる意義を, 第54回日本小児外科学会学術集会にお集りの多くの方々にお伝えできるとともに, 今後の医療におけるアートの役割,そして新しい形のソーシャルコミュニケーションの良き一例として 全国に広がっていくことができればと願います。
ローマにて 武藤順九
第54回日本小児外科学会学術集会 公式サイト
http://www.congre.co.jp/jsps2017/bunkakouen.html

 

2016年9月12日/京都造形芸術大学大理石彫刻作品「風の環2011 -絆-」/3.11慰霊モニュメント1/3モデル/武藤順九作